自作絵本の販売 自費出版の際によく聞くトラブルの実態とは?個人からの依頼に対応する絵本出版専門

自作絵本の販売を目指し、自費出版をサポートする会社や出版社への持ち込みを検討している方もいらっしゃるでしょう。

その際、悪徳業者に依頼してしまい、金銭問題や著作権に関するトラブルに巻き込まれないよう、注意が必要です。

契約書の内容をしっかり確認すればトラブルを回避することが可能です。

しかし、複雑な契約内容やわかりにくい内容の契約書を作成する悪徳業者もいます。

トラブルを回避するためには、あらかじめ「どのようなトラブルが起こる可能性があるのか」「自費出版について安心して依頼できる会社の特徴は何か」を知ることからはじめましょう。

こちらでは、自費出版時に起こりうるトラブル例と、多くの自費出版をサポートしてきた絵本出版専門「まごころの絵本つくり」の特徴をご紹介いたします。

自費出版時に起こりうるトラブルをご紹介

Introducing possible troubles when publishing at your own expense

自作絵本の制作、販売時に起こりうるトラブル例を2つご紹介いたします。

1.権利に関するトラブル

個人で自作絵本を作って販売する際、「出版権」と「著作権」の2種類が発生します。

基本的に、著作権は絵本を制作した作家にあります。

しかし、自費出版を依頼した会社が著作権を保有する契約になっている場合があるため、十分注意が必要です。絵本の著作権が出版社にあると、自分が制作した絵本であっても自由に扱えません。

2.費用に関するトラブル

個人で自作絵本を販売する際、費用に関してのトラブルも注意が必要です。

提示された金額で制作を進めていたにも関わらず、校正や編集、イラスト変更などが必要であるとして追加費用を請求されるトラブルです。

絵本が完成した段階で高額な費用を請求され、依頼・契約当初提示された金額で自作絵本を出版できないことがあります。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」は、自作絵本の出版をサポートする絵本専門の出版社です。よりよい絵本を作るためのアドバイス、半永久的な商業出版、絵本出版に関する全作業、ISBNの付与と国立図書館への納本は価格に含まれており、追加費用が発生する作業についてはあらかじめお客様にご納得いただいたうえで行います。自作絵本の自費出版の依頼、製作方法などは、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」のホームページからメールでお問い合わせください。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」が心がけていること

What the picture book publishing specialty

絵本を自費出版する際に安心してご依頼いただけるよう、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」が心がけていることをご紹介いたします。

絵本業界の「高い」というイメージを払拭

絵本を出版するにあたり、作業工程を一定の基準に統一することで、全体の作業の効率化を実現しました。格安な費用で、クオリティーの高い絵本を制作できます。

クリエイターを守ることにつなげる

絵本は、数ある書籍のなかでも売れにくいジャンルであり、どこの出版社でも新人作家の募集は敬遠されています。

また、作品募集を謳って、落選した方たちに高額な自費出版を持ちかける悪質な業者もいるのが現実です。絵本出版専門「まごころの絵本つくり」は、悪意を持ってクリエイターに接触する業者から、才能ある絵本作家様を守りたいと考えています。

高額な費用がかかるというイメージを払拭し、多くのお客様に絵本出版専門「まごころの絵本つくり」を選んでいただくことで、悪質な業者との契約を回避することにつながります。絵本の自費出版をご検討中の方は、明朗会計でサポートが充実した絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へご依頼ください。

自作絵本を個人で販売したいなら絵本出版専門「まごころの絵本つくり」に相談・依頼を

絵本の自費出版をする際に起こりうるトラブルは、契約内容の詳細を把握していれば防げる可能性が高いです。

トラブルに巻き込まれた場合、重要なことは契約内容に沿っているかどうかであるため、どれほど理不尽な要求でも契約書に記載されていたのであれば従わなければなりません。

そのため、契約を締結する前に内容を確認、理解してから自費出版の依頼を決定しましょう。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」は、格安で商業出版を行えるほか、クオリティーを高めるためのプロデュースも行っていることが特徴です。安心してご依頼いただけるよう、些細なご質問にも丁寧に回答いたします。個人で絵本の販売をご検討中の方は、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へご相談ください。

コラム一覧

  1. 絵本を自費出版したい方必見!出版方法の種類と印税の仕組み 絵本の構成・製本は絵本出版専門
  2. 絵本は自費出版の時代!印刷を格安でできる!?絵本を自費出版するメリット | 絵本出版専門
  3. 絵本出版社へ持ち込み!年齢別で作品選びが違う!?年齢に合わせた制作方法!絵本の特徴と選び方
  4. 絵本出版社へ持ち込みしよう!意外と知られてない絵本と童話の違い 出版費用の相談は絵本出版専門
  5. 絵本の出版費用の相場を紹介 自費出版を格安で!絵本出版専門
  6. 【絵本の出版費用】部数はどれくらいが妥当!?本の返品率と在庫負担の問題を把握しよう 印税収入を得るなら絵本出版専門
  7. 自作絵本の販売・印刷に関する相談がしたい方必見!絵本出版専門
  8. 自作絵本の販売 自費出版の際によく聞くトラブルの実態とは?個人からの依頼に対応する絵本出版専門
  9. 絵本の制作費用にも影響!自主出版するなら知っておきたい製本印刷とは
  10. 絵本制作費用・部数・ページ数など様々な要素をチェック!絵本を制作する際に注意すべき点・絵本の各部位の名称

自作絵本の販売を個人で行う場合、トラブル防止のためにも自作絵本の製作を依頼する会社選びが重要です!

サイト名絵本出版専門|まごころの絵本つくり
運営統括責任者玄武書房 秦 誠二郎
住所〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
TEL050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します
メールアドレスinfo@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記
URLhttps://ehon-publication.com/
ehonpubをフォローする
絵本出版専門|まごころの絵本つくり
タイトルとURLをコピーしました