絵本の出版費用の相場を紹介 自費出版を格安で!絵本出版専門

「自分で作った絵本を出版したいが、自費出版費用の相場がわからない」

「印刷や製本を依頼したいものの、高額な印象があってためらっている」

こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

最近では書籍の自費出版を格安でできる会社も多くあり、より気軽に絵本制作ができます。

こちらでは、自費出版費用の相場を見ていきましょう。

格安で自費出版を実現できる、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」のこだわりも併せてご紹介いたします。

出版社から絵本の出版を依頼される場合、個人で自費出版する場合のいずれも、各出版社で料金設定は異なります。自費出版を依頼する出版社は慎重に選ぶことが大切です。

ご紹介する自費出版費用の相場を参考に、コストパフォーマンスのよい出版社へ依頼しましょう。

格安で自費出版したい方必見!自費出版費用の相場

絵本の格安自費出版なら「まごころの絵本つくり」。

自費出版費用の相場は、ページ数や発行部数、カバーの種類など様々な要素によって異なります。

ここでは、下記の場合を例として比較してみましょう。

  • ハードカバーで32ページの絵本
  • 発行部数1,000部

自費出版費用の相場

ハードカバーの絵本(32ページ)の書籍、発行部数1,000部の場合、最も安い会社で90万円程度、一般的な会社で130万円程度、最も高額な会社で160万円程度が相場です。

これは商業出版(一般流通)することを前提とした金額なので、もし個人で楽しむような保管用であれば、上記の約30~50%程度の費用が相場となります。

自費出版を依頼する会社ごとに金額に大きな差があります。しかし、実際は制作費、宣伝費用などが含まれているか否かは会社ごとに異なるため、安い会社がよい、高額な会社は損をするとは一概に言えません。

自費出版の費用を左右するポイント

絵本の自費出版をする際に、費用を左右する主な要素は下記のとおりです。

  • 編集費
  • 校正費
  • 装丁料
  • 宣伝費

例えば、校正費はプロの編集者によるサポートの内容によって費用が異なります。

また、イラストを入れる、印刷方法にこだわるといった場合はより費用がかかります。依頼する内容が増えるほど、自費出版にかかる費用も当然高くなります。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」は、格安で絵本を自費出版できるようにサポートする絵本専門の出版社です。自費出版費用を抑えたい方は、お気軽にお問い合わせください。出版費用のお見積もり提示や絵本制作のサポートなど、担当の編集者がついて手厚くサポートいたします。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」の特徴とこだわり

「まごころの絵本つくり」では、構成、印刷、製本と、絵本作りをトータルサポート。

会社によって絵本の自費出版費用は異なります。しかし、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では独自のサービスを展開しているため、格安で自費出版を実現することが可能です。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」の特徴とこだわりについて紹介します。

評判のよいサービスや対応

絵本の自費出版業界は、基本的にお客様から依頼された原稿を印刷して製本するだけのサービスが主流です。

しかし、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、原稿を印刷、製本して終わりではありません。必要に応じてストーリー(原稿)やイラストのアドバイスを行い、作品としてのクオリティーを高めるサポートを行っています。

読者目線でアドバイスするため、読者はもちろん、絵本作家様も満足できる作品を作れることが大きな特徴です。

出版業界内では珍しい取り組み

部数が決まっている出版では、絵本が届く読者の数にも限りがあることがデメリットです。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、オンデマンド出版により、在庫を持たない仕組みを取り入れております。半永久的に絵本を販売できるため、いつまでも、いつの時代でも、自費出版した絵本が読まれるチャンスがあります。

絵本のオンデマンド出版は出版費用を抑えられるため、絵本作家としてのデビューが身近な存在になるでしょう。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、オリジナルサービスを提供し、コストパフォーマンスを重視した方法で絵本の自費出版をサポートしています。格安の出版費用で絵本を販売したい方は、まずはお気軽にお見積もりをご依頼ください。

絵本の自費出版費用やサービス内容は出版社ごとに違う!費用を抑えるなら格安で出版を実現する絵本出版専門|まごころの絵本つくり

絵本の自費出版費用は、依頼する会社ごとに大きく異なります。そのため、あらかじめ条件を決めて見積もりを依頼することが大切です。自費出版費用そのものは安くても、印刷と製本のみのサービスでは魅力的な絵本が完成しない可能性があります。

また、出版費用にも上限を定めて、こだわりたいポイントを調整することも重要です。自費出版の相場を把握し、適正価格での絵本の出版を実現しましょう。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、格安の出版費用で、読者に求められる絵本作りをサポートいたします。出版までの流れ、サポート内容、具体的な金額、出版助成金制度についてなど、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へぜひご相談ください。

まごころの絵本つくりの強み

「絵あり・文章あり」なら28.6万円(税込)
半永久的に販売できる画期的な商業出版
はじめての作家デビューでも印税10%

絵本出版で知っておきたい情報

  1. 絵本を自費出版したい方必見!出版方法の種類と印税の仕組み 絵本の構成・製本は絵本出版専門
  2. 絵本は自費出版の時代!印刷を格安でできる!?絵本を自費出版するメリット | 絵本出版専門
  3. 絵本出版社へ持ち込み!年齢別で作品選びが違う!?年齢に合わせた制作方法!絵本の特徴と選び方
  4. 絵本出版社へ持ち込みしよう!意外と知られてない絵本と童話の違い 出版費用の相談は絵本出版専門
  5. 絵本の出版費用の相場を紹介 自費出版を格安で!絵本出版専門
  6. 【絵本の出版費用】部数はどれくらいが妥当!?本の返品率と在庫負担の問題を把握しよう 印税収入を得るなら絵本出版専門
  7. 自作絵本の販売・印刷に関する相談がしたい方必見!絵本出版専門
  8. 自作絵本の販売 自費出版の際によく聞くトラブルの実態とは?個人からの依頼に対応する絵本出版専門
  9. 絵本の制作費用にも影響!自主出版するなら知っておきたい製本印刷とは
  10. 絵本制作費用・部数・ページ数など様々な要素をチェック!絵本を制作する際に注意すべき点・絵本の各部位の名称

印税あり。絵本の格安自費出版 まごころの絵本つくり

サイト名絵本出版専門|まごころの絵本つくり
運営統括責任者玄武書房 秦 誠二郎
住所〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
TEL050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します
メールアドレスinfo@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記
URLhttps://ehon-publication.com/
ehonpubをフォローする
絵本出版専門|まごころの絵本つくり
タイトルとURLをコピーしました