【絵本の出版費用】部数はどれくらいが妥当!?本の返品率と在庫負担の問題を把握しよう 印税収入を得るなら絵本出版専門

出版費用をかけて絵本を自費出版する場合、書店で販売したいと考える方もいらっしゃるでしょう。

また、インターネットで販売したり、イベントで直売したりと、販売方法にはいくつかの種類があります。販売部数を上げるために有効な方法の一つは、書店に流通させて販売する方法です。

絵本を自費出版する際、誤った方法で出版すると、書店に流通させることができないだけでなく、絵本の在庫をかかえることにもなるため注意しなければなりません。

こちらでは、絵本を自費出版する際の書店流通の仕組みについて、また返品率や在庫負担といった注意すべきポイントについて解説いたします。

自信作の絵本を多くの人に見てもらうためにも、効率的な方法で自費出版を成功させましょう。

大きな印税は期待できる?書店流通とは

Can you expect a big royalties

書店流通は、書籍のカバーにISBNと呼ばれる国際書籍コードを印刷し、取次会社を通して書店に流通させる方法です。具体的な流通方法には、委託配本と注文配本が存在します。

委託配本とは取次会社を通して書店へ委託する方法、注文配本とは書店から注文が入った際に取次会社を通して書店に配本する方法です。

委託配本のメリットとデメリット

委託配本のメリットは、部数が多い場合に店頭で露出を増やせることです。書店は、半年間はいつでも書籍を返品できる仕組みになっているため、店頭に置いてもらいやすいでしょう。

一方、デメリットとしては取次会社を通して全国の書店へ流通させるため、コストがかかる点が挙げられます。

注文配本のメリットとデメリット

注文配本のメリットは、返本される可能性が低く、コストを抑えられることです。デメリットは、書店に置かれる機会が少ないことが挙げられます。そのため、大きな印税収入は見込めません。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、出版費用を抑えて絵本を制作することが可能です。「出版費用をかけて作った絵本を多くの人に見てもらいたい」、「印税で生活できるようになりたい」など、夢を叶えるためには絵本を作るだけでなく、様々な工夫をしなければなりません。絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、出版社から絵本を出版した証であるISBNの付与など、絵本作りそのもの以外の作業も代行します。国立図書館への納本にも対応していることが強みです。部数や出版費用、出版助成金などのご相談は、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へぜひお問い合わせください。

できるだけなくしたい!本の返品率や在庫負担の問題

Book return rate and inventory burden issues

本の返品率や在庫負担の問題は、出版社と作家にとってマイナスイメージになることです。

絵本の出版を成功させるためには、返品率や在庫について把握しておく必要があります。

本の返品率について

販売される本のうち、約40%が返品されているのが現状です。

本の返品率は、近年大きな変化はありません。

在庫負担のデメリット

出版業界において問題となるのは、不要な在庫を抱えることです。返品された40%の書籍は、処分されることでゴミの発生につながります。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」の最も大きな強みは、在庫を抱えない商業出版ができる点です。また、編集作業を独自の規定で統一することで、できるだけ出版費用が抑えられるように最大限の努力を行っています。印税や印刷部数、出版費用など、商業出版についてわからないことがありましたら、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」までご相談ください。

返品率や在庫問題を理解して部数を決めることが大切!出版費用を抑えて絵本を出版しよう

絵本を出版する場合、返品率を考慮して部数を調整したり、在庫を抱えない商業出版で絵本を販売したりといった工夫が必要です。

書店に流通させる方法にも種類があり、それぞれの種類ごとにメリットとデメリットがあります。絵本の出版は、業界のプロのサポートを受けながら進めることが大切です。

すべて自分で調べて行動するよりも、プロの手厚いフォローを受けることで無駄な出費をなくし、効率よく絵本を出版することにつながります。出版に関する問題点を理解したうえで、出版費用を抑えて絵本の出版を実現させましょう。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、各工程で確認を行いながら進めます。綿密なやり取りを欠かさないことで、お客様が安心して絵本制作を進められることが強みです。絵本を出版したい方は、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へぜひご依頼ください。

コラム一覧

  1. 絵本を自費出版したい方必見!出版方法の種類と印税の仕組み 絵本の構成・製本は絵本出版専門
  2. 絵本は自費出版の時代!印刷を格安でできる!?絵本を自費出版するメリット | 絵本出版専門
  3. 絵本出版社へ持ち込み!年齢別で作品選びが違う!?年齢に合わせた制作方法!絵本の特徴と選び方
  4. 絵本出版社へ持ち込みしよう!意外と知られてない絵本と童話の違い 出版費用の相談は絵本出版専門
  5. 絵本の出版費用の相場を紹介 自費出版を格安で!絵本出版専門
  6. 【絵本の出版費用】部数はどれくらいが妥当!?本の返品率と在庫負担の問題を把握しよう 印税収入を得るなら絵本出版専門
  7. 自作絵本の販売・印刷に関する相談がしたい方必見!絵本出版専門
  8. 自作絵本の販売 自費出版の際によく聞くトラブルの実態とは?個人からの依頼に対応する絵本出版専門
  9. 絵本の制作費用にも影響!自主出版するなら知っておきたい製本印刷とは
  10. 絵本制作費用・部数・ページ数など様々な要素をチェック!絵本を制作する際に注意すべき点・絵本の各部位の名称

出版費用をかけて作った絵本を書店で販売する方法、返品率や在庫負担についてご紹介します!

サイト名絵本出版専門|まごころの絵本つくり
運営統括責任者玄武書房 秦 誠二郎
住所〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
TEL050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します
メールアドレスinfo@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記
URLhttps://ehon-publication.com/
ehonpubをフォローする
絵本出版専門|まごころの絵本つくり
タイトルとURLをコピーしました