絵本は自費出版の時代!印刷を格安でできる!?絵本を自費出版するメリット

ストーリーやイラストを描くことが好きで、趣味で絵本を作っている人の中には、これまでの作品を記念に出版したいと考える人も多いのではないでしょうか。

近年では、自費出版という形で、出版社を通さずに販売する方法を選ぶ人が増えています。自費出版であれば、出版社に原稿を持ち込んだり、コンテストで受賞したりしなくても、自分の好きなタイミングで絵本を出版できます。

こちらでは、絵本を自費出版するメリットと、印刷を格安でできる仕組みについて解説いたします。

自費出版の2つのメリット

Two benefits of self-publishing

自費出版をするメリットは多くありますが、特に注目したい2つのメリットをご紹介します。

メリット1.ステータスになる

書籍や文庫、絵本の出版にあまり詳しくない場合、ほとんどの人は「絵本を出版した」ということに対して、「才能がある」「技術がある」「出版社やユーザーに認められている」というイメージを持ちます。

そのため、自費出版であっても絵本を出版した事実があれば、周囲に対して自分をアピールすることが可能です。

例えば、絵本の自費出版をしたという話をすれば、「出版できるほどの才能がある人」と印象づけられるので、信用を得ることにつながるかもしれません。

自費出版をした経験がステータスになり、自信がついてよりよい絵本を作れるようになることがメリットです。

また、自費出版した絵本を配布したり販売したりと、多くの人に知ってもらうための営業ツールとしても活用できます。

2.自費出版で注目されることもある

自費出版した絵本が世間から注目を集めれば、当然大手出版社の目にも留まる可能性が出てきます。商業出版ができれば、作家として認めてもらえるのです。

大手出版社側から声がかかるほど、世間からの注目を集めるのは簡単なことではありません。しかし、自費出版でチャレンジする価値はあるでしょう。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」は、絵本の自費出版をサポートする絵本専門の出版社です。気軽に絵本作家デビューできるよう、コストパフォーマンスを重視したサービスを提供しています。絵本の自費出版をご検討中の方は、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へぜひご相談ください。

印刷を格安に!?時代とともに変化する自費出版のスタイル

Cheap printing

自費出版は、時代とともに変化しています。昔と今の自費出版の特徴、変化について見ていきましょう。

昔の自費出版事情

20年ほど前までは、絵本を自費出版することは非常に難しいことでした。その理由は、「費用の高さ」と「自費出版を請け負う業者が少なかった」ためです。

費用がかかるため、自費出版は経済的に余裕がなければ実現できませんでした。

経済的に余裕がある無名作家は少なく、必然的に自費出版をサポートする業者も少なかったのだといえます。

昔の印刷方法

自費出版の印刷方式は、ほとんどの場合、インクを使用したオフセット印刷と呼ばれる方法で行われてきました。スピーディーに印刷できるため、部数によって手間や時間が大きく変わるということはありません。

つまり、50部しか希望していない場合でも、500部オーダーした場合と同額の費用がかかっていました。そのため、印刷部数が少ない自費出版でも、費用が高額になっていたのです。

しかし、のちに印刷方法が変化し、自費出版の流れも変わります。

印刷方法の変化

近年では、オンデマンド印刷が主流です。オンデマンド印刷とは、インクを使用しないトナー印刷をする方法で、1枚ずつ印刷できます。

そのため、部数が少なくてもの自費出版時の印刷費用がリーズナブルになり、デビュー前の作家も絵本を作りやすくなったのです。

絵本を自費出版したいと考える人が増えたことで、現在もなお、自費出版の絵本制作を請け負う業者は多く存在しています。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、絵本の仕様に規定を設けることで編集作業をシンプルにし、格安での印刷・販売を実現しています。絵本の自費出版をお考えの方は、ぜひ絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へご依頼ください。

絵本の自費出版は明朗会計でサポートの手厚い絵本出版専門「まごころの絵本つくり」へ

自費出版は高額な費用がかかり、「難しいのでは…」とためらっている人もいるでしょう。

しかし、絵本を自費出版することには様々なメリットがあり、本格的に作家としてデビューを考えている人にとって魅力的な方法です。

明朗会計で印刷・製本できる、サポートの手厚い専門業者に依頼をすれば、作家デビューも夢ではありません。多くの人に自分の作品を見てもらえます。自信作を世に出したいと考えるなら、自費出版を検討してみましょう。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、絵本の仕様を一定の基準に統一することで、作業の効率化を図り、格安な費用での自費出版を実現しています。絵本作家としてデビューしたい方は、ぜひ絵本出版専門「まごころの絵本つくり」をご利用ください。

コラム一覧

  1. 絵本を自費出版したい方必見!出版方法の種類と印税の仕組み 絵本の構成・製本は絵本出版専門
  2. 絵本は自費出版の時代!印刷を格安でできる!?絵本を自費出版するメリット | 絵本出版専門
  3. 絵本出版社へ持ち込み!年齢別で作品選びが違う!?年齢に合わせた制作方法!絵本の特徴と選び方
  4. 絵本出版社へ持ち込みしよう!意外と知られてない絵本と童話の違い 出版費用の相談は絵本出版専門
  5. 絵本の出版費用の相場を紹介 自費出版を格安で!絵本出版専門
  6. 【絵本の出版費用】部数はどれくらいが妥当!?本の返品率と在庫負担の問題を把握しよう 印税収入を得るなら絵本出版専門
  7. 自作絵本の販売・印刷に関する相談がしたい方必見!絵本出版専門
  8. 自作絵本の販売 自費出版の際によく聞くトラブルの実態とは?個人からの依頼に対応する絵本出版専門
  9. 絵本の制作費用にも影響!自主出版するなら知っておきたい製本印刷とは
  10. 絵本制作費用・部数・ページ数など様々な要素をチェック!絵本を制作する際に注意すべき点・絵本の各部位の名称

絵本の自費出版をするメリットと、印刷を格安でできる仕組みについて解説いたします!

サイト名絵本出版専門|まごころの絵本つくり
運営統括責任者玄武書房 秦 誠二郎
住所〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
TEL050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します
メールアドレスinfo@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記
URLhttps://ehon-publication.com/
ehonpubをフォローする
絵本出版専門|まごころの絵本つくり
タイトルとURLをコピーしました