絵本出版社へ持ち込み!年齢別で作品選びが違う!?年齢に合わせた制作方法!絵本の特徴と選び方

世代を問わず、世界中で絵本は注目を集めており、メディアで取り上げられる機会も増えています。

同時に、ストーリーやイラストを描くのが得意な方や絵本作家を目指す方も増え、通信教育や絵本作家になるための教室も人気です。

文字を読めない小さな子どものために作られる絵本は、教育資材の一つとして重要な役割を果たします。絵本は、親子がコミュニケーションを取るためにも大切なものです。限られたページ数のなかで物語を作ること、話に合わせてイラストやカラーを考える必要があります。

こちらでは、絵本出版社に持ち込みするための絵本を作る際に押さえておくべき、年齢別の絵本の特徴を解説いたします。

作品を絵本出版社に持ち込みして制作方法をアピール!年齢別にみた絵本の特徴

Characteristics of picture books by age

作品を絵本出版社に持ち込みをして売り込むなら、子どもの年代を考慮して作ることが大切です。ターゲットが明確になっていれば、作品を持ち込みした際にアピールしやすいでしょう。

そこで、絵本作家が絵本を制作する際に押さえておくべき、ターゲットの特徴を年齢別にご紹介します。制作したい絵本のターゲットを選ぶ際の参考にしてください。

0歳児の絵本の特徴

0歳児向けの絵本の場合は、イラストを大きく描いたものが望ましいです。ストーリーよりもイラストのインパクトがあることがポイントです。0歳児ではまだストーリーを理解できないので、イラストで楽しませる必要があります。

また、0歳児は視力が発達していないため、濃い色で描いたイラストだとよりわかりやすいでしょう。多くの色を見ることによって脳によい刺激を与えられるため、発育に効果的な作品が好まれます。

1歳児の絵本の特徴

1歳児向けの絵本は、ストーリーよりもイラストや仕掛けを重要視している点が特徴です。動物や食べ物といった身近なものを題材にして、シンプルな仕掛けで遊びながら読めるものがよいでしょう。

1歳になると、絵本のページを自分でめくったり仕掛けで遊んだりしますが、力を入れすぎて絵本を破くことがあります。そのため、製本時に丈夫な造りにするといった方法が有効です。

2歳児の絵本の特徴

2歳児向けの絵本は、ストーリーにも注力し、主人公の気持ちになって読めることがポイントです。1歳までは仕掛けや色、イラストが中心でしたが、2歳以降はストーリーを理解できるようになります。

3歳児の絵本の特徴

3歳児は、2歳児よりもさらにストーリーを理解できるようになります。そのため、ストーリー性が高く、イラストにもこだわった絵本が多いです。

4歳児以降の絵本の特徴

4歳児以降は、主人公や登場人物の感情を理解できるようになることが特徴です。知識が増え、発想力や理解力も向上しているので、ストーリーが複雑な絵本も販売されています。

絵本出版専門「まごころの絵本つくり」は、絵本の自費出版・商業出版をサポートする絵本専門の出版社です。お客様の伝えたいことをきめ細かくくみ取り、ハイクオリティーな仕上がりを目指します。「絵本出版社へ作品を持ち込みして自費出版したい」、「絵本出版社に制作を依頼したいが印刷方法や製本方法がわからない」など、些細な疑問や不安なことはお気軽にご相談ください。絵本の自費出版、絵本出版社へ原稿を持ち込みたいと考えるお客様を全力でサポートいたします。

絵本出版社へ持ち込みたい作品のコンセプトを決めることから始めよう!

Let's start by deciding the concept

子ども向け絵本を作る場合、成長が早い子どもの年齢に合わせて絵本の特徴を押さえることが大切です。自費出版する絵本がどの年代にマッチするのか、また、これから作る絵本はどの年代に向けたものにするのかを決めましょう。

自分が作った絵本を自費出版することの魅力は、自分の作品をプロが編集、製本し、クオリティーの高い絵本として販売できる点です。絵本のコンセプトを明確にして、自費出版に向けて準備を進めましょう。

持ち込み可能な絵本出版社、絵本出版専門「まごころの絵本つくり」では、絵本のイラスト制作やストーリー制作をサポートしております。具体的な自費出版の方法を知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

コラム一覧

  1. 絵本を自費出版したい方必見!出版方法の種類と印税の仕組み 絵本の構成・製本は絵本出版専門
  2. 絵本は自費出版の時代!印刷を格安でできる!?絵本を自費出版するメリット | 絵本出版専門
  3. 絵本出版社へ持ち込み!年齢別で作品選びが違う!?年齢に合わせた制作方法!絵本の特徴と選び方
  4. 絵本出版社へ持ち込みしよう!意外と知られてない絵本と童話の違い 出版費用の相談は絵本出版専門
  5. 絵本の出版費用の相場を紹介 自費出版を格安で!絵本出版専門
  6. 【絵本の出版費用】部数はどれくらいが妥当!?本の返品率と在庫負担の問題を把握しよう 印税収入を得るなら絵本出版専門
  7. 自作絵本の販売・印刷に関する相談がしたい方必見!絵本出版専門
  8. 自作絵本の販売 自費出版の際によく聞くトラブルの実態とは?個人からの依頼に対応する絵本出版専門
  9. 絵本の制作費用にも影響!自主出版するなら知っておきたい製本印刷とは
  10. 絵本制作費用・部数・ページ数など様々な要素をチェック!絵本を制作する際に注意すべき点・絵本の各部位の名称

絵本出版社に持ち込みする前に押さえておきたい、子ども向け絵本の作り方についてご紹介いたします!

サイト名絵本出版専門|まごころの絵本つくり
運営統括責任者玄武書房 秦 誠二郎
住所〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
TEL050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します
メールアドレスinfo@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記
URLhttps://ehon-publication.com/
ehonpubをフォローする
絵本出版専門|まごころの絵本つくり
タイトルとURLをコピーしました